olo-trading

Olo Trading は優良海外FX業者?取引する前に見てほしいこと揃えました。

FX取引が日本でも盛んに行われるようになってから、どんどんと増えていく海外FX業者。あれ?こんな業者、聞いたことないな。と思うことも増えたのではないでしょうか?

日本にオフィスを構えない業者も多いので、新・旧を問わず、こうしたブローカーについては、良く下調べを行ってから取引を開始しましょう。

 Olo Tradingは優良企業?優良企業と判断できる根拠3つ

www-pakutaso-com-shared-img-thumb-freee151108348695

Olo Tradingは、名こそそれほど馳せてはいませんが、海外FX業者として信用できる会社であることは、間違いありません。その根拠となるのは次の3つ。

1. ベリーズ国際金融サービス委員会IFSCに認可を受けている

ベリーズ国際金融サービス委員会は、比較的取得しやすい金融ライセンスと言われていますが、それでもその基準は国際基準。信用と実績が無ければ、取得はできません。

2. リクイディティプロバイダーはAランク銀行だけ

ストリーミング価格を常に最良のモノにするためにリクイディプロバイダーをAランクの銀行だけに絞っています。

スプレッドや初回入金額の設定を見ると、Olo Tradingのターゲットは、中級者から上級者。中級者から上級者相手に、十分満足のいくサービスを展開していくためにも、最良の価格を出せる環境に拘りがあるようです。

3.顧客の資産と企業資産を分別管理

顧客からの信用を第一に考えた企業は、顧客資産と企業資産を分別管理しています。というのも、企業が立ち行かなくなっても、顧客の資産に手を出さないようにするための対策です。

Axixoryも新興ブローカーとして、顧客の信頼を得るための独自のサービスを考えていましたが、Olo Tradingも同様に、顧客からの信頼を得るために、企業努力を行っているようですね。

優良企業のOlo Trading 、そのメリット・デメリット

good-1123013_1920

優良企業として勤勉に勤めるOlo Trading。では、その業者としてのスペックはどうなのでしょうか?メリット・デメリットを具体的に見てみましょう。

Olo Trading のメリット3つ

  1. PRO口座、VIP口座、TOP ZERO口座はスプレッドが狭い

PRO、VIP、TOP ZERO口座は、それぞれに0.7pip、0.5pip、0pipとスプレッドが狭い値で設定されています。

他社のECN口座の平均スプレッドと比較すると、狭いところでは0.1pip/lot、高いところでも0.5pip/lot、0.4pip/lotなどです。PRO、VIPに関しては、抜群の狭さとは言えませんが、TOP ZERO口座に関してのみ言えば、他社とも競合できる狭さと言えます。

  1. 手数料も低め

手数料も、それぞれの口座で比較してみると、PRO、VIPは片道$3.5/lot、TOP ZERO口座で片道$4.5/lotと低い価格で設定。

スプレッドが低いことも併せて考えると、回数を多く取引をしたい人にとっては、使いやすい設定になっているのではないでしょうか。

  1. 商品も充実。100種類の取引が可能

取り扱い商品も、為替、メタル、先物、CFD、と全てを数えると100種類以上の取引が可能です。FX以外でも、株式などの商品も大変充実しているので、株トレードも楽しむことができます。

では反対に、Olo Tradingのデメリットを見てみましょう。

Olo Trading のデメリット3つ

  1. スタンダード口座のスプレッドが広い

対してSTANDARD口座はスプレッドが1.6/pipと広めの設定です。他社のSTANDARD口座の平均が1.0pip/lotと、平均値よりも幾分か高めなことがわかると思います。

  1. 円口座が使えない。

Olo Tradingは円口座がありません。価格は全て、ドルのみで取引が行われます。ドルに慣れていない人は、いちいち円換算しなければならないところに煩わしさを感じるかもしれません。

また円に戻した時の利益が、その日の為替によって左右されるので、円に戻すタイミングを計る必要もあります。

  1. 最少入金額が高い。

全体的に最少入金額が高く設定されています。STANDARD口座で100USD、PRO口座で10000USD、VIP口座で30000USD、TOP ZERO口座で3000USDの金額が必要です。

STANDARD口座についてはまだ手が届く範囲ですが、その他に関しては、十分な資金力が無ければ、口座も開設できません

初心者には少々扱いづらいOlo Trading。

以上、Olo Tradingの紹介でした。

全体として、資金力も十分な、取引経験もある程度積んだ人向けの口座であることを感じました。

追証なし、ゼロカットシステムを採用していなところからも、初心者の方や、トレーディング歴が長くても勝利経験が少ない方には、お勧めできない業者です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です