axiory-%e7%94%bb%e9%9d%a2

透明性なら海外FX No.1! Axiory ってどんな業者?

2013年設立のAxiory。その歴史はまだ浅く、FX業界のなかでもまだまだ伸びしろのある、勢いある会社です。

老舗と呼ばれるブローカーは、すでに21年の歴史を持っています。その21年という歴史ある会社と肩を並べて、ユーザーの人気を獲得しているこのAxioryは、いったいどうしてここまで人気があるのでしょうか?

 企業理念は「業界への挑戦」×「お客様の利益の最大化」

Axioryの企業理念は、「業界への挑戦」と「お客様の利益の最大化」。

理念のなかに、「お客様の利益の最大化」と掲げているように、Axioryの特徴は、顧客目線のサービスに特化していることです。

その具体的な内容は、

  • NDD方式の注文で高い約定力を実現
  • 情報公開による透明性と公平性のあるサービスの提供
  • レバレッジ400倍のゼロカットシステム採用
  • 業界内でも低設定の手数料

などなど。取引を開始したばかりで、資金力の未熟なユーザーから、少ない投資でリスクを回避しながらも、着実に利益を出すプロのユーザーまで、多様な層に対応できるようにサービスが展開されています。

 NDD方式採用で高い約定力実現。業界内でも上位の速度を誇る約定速度

Axioryには2種類の口座が準備されています。それはスタンダードアカウントとナノスプレッドアカウント。

これら2つのアカウントは、共に業界内上位の約定速度を誇っています。この2つのアカウントはともにNDD方式を採用。

2つのアカウントについて、詳しい内容を見てみましょう。

 スタンダードアカウント

スタンダードアカウントではNDDのなかでもSTP方式を採用し、業界内上位の約定速度を実現しています。

こちらの画像をご覧ください。

axiory-ndd-%e6%96%b9%e5%bc%8f

出展:Axiory  STPとECN

STP方式では、図からもわかるように、注文の際にディーラーを仲介しません。トレーダーからの注文を、一度FX業者を通してインターバンクに注文を流すOTC方式を採用している業者から比較すれば、その約定スピードは数段上と言えます。

ナノスプレッドアカウント

ナノスプレッドアカウントでは、スタンダードアカウントとはまた異なるECN方式というものを採用しています。

ECN方式もSTP同様にディーラーを仲介しない点は同じです。

しかしこれら二つの方式の大きな違いは、投資家同士で注文をマッチングさせて取引を進めていく点がSTP方式とは大きな相違点になります。

axiory-ecn

出展:Axiory  STPとECN

スタンダードアカウントもナノスプレッドアカウントも、注文から約定の間にディーラーを挟んでいないため、注文から約定のスピードはOTC方式よりも断然速くなります。

また業者を仲介しないため、業者による不当な価格の操作や介入、呑み行為による約定拒否といった事案が発生せず、自分の思い描いた通りに、注文をすることができるのも特徴の一つです。

仲介による不当な操作を行わない分、AxioryのようなFX業者は企業としての利益を荒稼ぎするようなことはできません。

結果としてそれが、スプレッドの広さに反映していまいますが、NDD方式を採用している業者を使えば、トレーダーはFX市場との勝負を純粋に楽しむことができます。

見せることで信頼を獲得。透明性の高いサービス展開

Axioryが他社と比較されるなかで、大きく異なる特徴として紹介されるのが、このサービスの透明性という点についてです。

例えばAxioryは提携先のLP(リクディティプロバイダー)を全て公開しています。

(参照 : リクディティプロバイダーとは? マネー百貨~金融用語辞典と投資信託情報~

AxioryがLP情報公開には、先に書いた業者側での売買に関する不当な操作をしていないこと、呑み行為による約定拒否などは一切していないことを証明することが目的にあります。

Axiory提携先 Liquidity providers(リクイディティプロバイダー)一覧(一部)

lp

出展 : Axiory 透明性と流動性の確保

またAxioryはLP情報の他にも、約定スピード、約定率、資産の保護方法から信託保全先、NDD保証なども公開し、歴史が浅くとも信頼がある業者であることを、顧客目線で納得してもらうよう努めています。

この努力の甲斐あってか、Axioryには裏表がない業者というイメージが定着し、ユーザーからの信頼を集めているのです。

レバレッジ400倍のゼロカットシステム。追証なしで起死回生も狙える

Axioryはスタンダードアカウントもナノスプレッドアカウントでも、レバレッジを最大400倍に設定しています。業界内で比較すると、レバレッジ400倍は高い水準ではありませんが、ハイレバトレードを狙うには十分な数字です。

またこのパフォーマンスを最大限に活かすべく、追証なしのゼロカットシステムを採用しています。

資金が底をつきそうになっても、実質0になるまで取引が可能。また証拠金維持率も20%と低く設定されているので、余裕をもってポジションを保有することができます。

ナノスプレッドアカウントの手数料は業界内でも低設定

Axioryのナノスプレッドアカウントは、業界内でも低い手数料設定で位置づけています。

次の表をご覧ください。

XM Axiory FXDD
レバレッジ 500倍 400倍 400倍
初回入金額 $200 $200 $250
手数料 $5/1 lot $3/1 lot $2.99/1 lot
口座維持費 なし なし

$15/90 days     (90日間取引が無い場合)

Axiory同様に、プラットフォームにMT4を使い、ECN方式を取引に用いる大手FX業者を比較しました。最も安いのはFXDDですが、初回入金額が$50高く、また90日間の取引がない場合は、口座維持費を支払う必要があります。

取引頻度にもよるのでしょうが、口座利用に費用が安定していると言えるのは、Axioryです。

老舗にはないサービス展開で強みをいかす

以上、Axioryの紹介でした。

Axioryの企業的な特徴として、目立ったデメリットもなく、安定したサービスの提供を心掛けている企業という印象があります。

そこにはやはり、企業理念として高い透明性と顧客の利益の最大化を掲げているだけに、顧客のニーズに答え続けた結果、安定したサービスの提供という結果になったのではないでしょうか?老舗にはない魅力がたくさんあるAxioryでした。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です