eight-1314300_1920

海外FXの最大手!XMのスプレッド・レバレッジは?

entrepreneur-696972_1920

FXで金融市場が熱くなる中、最近FXトレーダーの間で人気を集めている金融会社があります。それはXEMarkets。

通称XMと呼ばれ、その使い勝手の良さは、高く評価されている模様です。このXMの人気の源、スプレッドとレバレッジについて、詳しく見てみましょう!

スプレッドは?レバレッジは?日本人に人気のFX会社「XM」!その実力は如何に?

FXをする上で、よく聞くことが「スプレッドは狭く」「レバレッジは高く」です。しかしその言葉の意味することは、どういうことなのでしょうか?XMの人気の秘密は一体?

人気FX会社「XM」そのスプレッドの内容は?

dollar-790903_1920

FXにおけるスプレッドは、非常に重要視すべき箇所です。取引する金融会社を決める際には、きちんと確認をしておきましょう。

スプレッドについて、理解がいまいちの方は、こちらのサイトを参照して下さい。

参照: 楽天スーパーポイントギャラリー FXスプレッドとは

このスプレッドの幅は、FX会社によって異なりますが、XMの場合はどのような値なのでしょうか?ちょっとこちらの表をご覧ください。

(pips)

USD / JPY

EUR / JPY GBP / JPY EUR / USD

A社

0.3 0.9 1.1 0.2

F社

0.2 0.9 1.1

0.6

T社 0.3 1.0 1.4

0.3

XM 0.4 1.0 1.2

0.4

各社、スプレッドの平均の値を書いています。XMはゼロスプレッドアカウントに申し込んだ場合の数字です。

スプレッドの低さで言えば、正直なところXMはそれほど低い値をとっているわけではありません。業界内全体で見ても、中くらいの値をとり、場合によっては少し高めの時もあります。

XMのレバレッジは最大で888倍!特典も豊富で魅力が満点

eight-1314300_1920

XMのレバレッジは、非常に高いことで有名です。

レバレッジとは? 参照:楽天FX ビギナーズガイド レバレッジ

国内のFX会社ではレバレッジが25倍に対し、XMのレバレッジは最大で888倍をとることができます。細かい状況を考えず、単純に1ドル=100円の時に資金が100万あると仮定したら、国内の企業では25万通貨のポジションしかとれませんが、XMでは888万通貨のポジションをとることができるのです。

別な言い方をすれば、レバレッジ25倍の時では、1枚購入するのに4万円必要。それに対し888倍の時では、およそ1127円で購入することができるということです。こうして考えると、非常に大きな差を感じますね。

しかしこのハイレバレッジ、ハイリターンではありますが、その分、ハイリスクでもあります。相場が上げ相場の時は、利益が増えてウハウハです。しかし下げ相場になった場合は、それだけ損失も大きくなります。

相場の先行きが見えない時や、自信が無い取引を行う際は、レバレッジは低い方が良いでしょう。特に海外FX初心者は、最初は低いレバレッジで取引を行うことを、お勧めします。

豊富な特典が更なる魅力を引き出す。XMのお楽しみ

XMはハイレバレッジで注目を浴びていますが、人気の核はここではありません。XMの最大級の魅力は、その豊富な特典にあります。XMの特典の例を挙げてみると・・・

  1. 口座開設ボーナス$30
  2. 2段階ボーナスで最大$5000まで入金されるサービス
  3. ロイヤリティプログラムの参加権
  4. 一年を通して追加ボーナス権を獲得可能
  5. 入出金にかかる手数料無料
  6. マイナス残高補償、追証なし
  7. 無料でVPSサービスが利用可能

などです。口座開設をしただけで、$30を貰えるなら、その$30を増やし続けることができれば、実質元手0で利益を得ることができますね。

また、XMは約定力も高く、取引の99%以上が1秒以内に約定しています。日本語サポートも充実しているので、英語が苦手という人でも、きちんとした日本語のサポートを受けることが可能です。

更にXMの細かい魅力を挙げれば、他社が口座への入金を、通常最低でも1万円からしなければいけないのに対し、XMは$5から可能なことや、初心者トレーダー向けの、無料日本語ウェブセミナーを開催するなど、非常に多岐にわたり充実したサービスを提供しています。

スキャルピングよりデイトレード向き。スプレッドが気になるならゼロ口座へ

以上、XMのスプレッド・レバレッジについてのお話しでした。XMはスプレッドは狭くはないので、スキャルピングなどの取引には、非常に不利です。

どうしてもスプレッドを狭く取りたい方は、XMのなかでもゼロ口座に申し込むことをオススメします。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です