透明性なら海外FX No.1! Axiory ってどんな業者?

axiory-%e7%94%bb%e9%9d%a2

画像引用 : Axiory

2013年設立のAxiory。その歴史はまだ浅く、FX業界のなかでもまだまだ伸びしろのある、勢いある会社です。

老舗と呼ばれるブローカーは、すでに21年の歴史を持っています。その21年という歴史ある会社と肩を並べて、ユーザーの人気を獲得しているこのAxioryは、いったいどうしてここまで人気があるのでしょうか?

 企業理念は「業界への挑戦」×「お客様の利益の最大化」

Axioryの企業理念は、「業界への挑戦」と「お客様の利益の最大化」。

理念のなかに、「お客様の利益の最大化」と掲げているように、Axioryの特徴は、顧客目線のサービスに特化していることです。

その具体的な内容は、

  • NDD方式の注文で高い約定力を実現
  • 情報公開による透明性と公平性のあるサービスの提供
  • レバレッジ400倍のゼロカットシステム採用
  • 業界内でも低設定の手数料

などなど。取引を開始したばかりで、資金力の未熟なユーザーから、少ない投資でリスクを回避しながらも、着実に利益を出すプロのユーザーまで、多様な層に対応できるようにサービスが展開されています。

 NDD方式採用で高い約定力実現。業界内でも上位の速度を誇る約定速度

Axioryには2種類の口座が準備されています。それはスタンダードアカウントとナノスプレッドアカウント。

これら2つのアカウントは、共に業界内上位の約定速度を誇っています。この2つのアカウントはともにNDD方式を採用。

2つのアカウントについて、詳しい内容を見てみましょう。

 スタンダードアカウント

スタンダードアカウントではNDDのなかでもSTP方式を採用し、業界内上位の約定速度を実現しています。

こちらの画像をご覧ください。

axiory-ndd-%e6%96%b9%e5%bc%8f

出展:Axiory  STPとECN

STP方式では、図からもわかるように、注文の際にディーラーを仲介しません。トレーダーからの注文を、一度FX業者を通してインターバンクに注文を流すOTC方式を採用している業者から比較すれば、その約定スピードは数段上と言えます。

ナノスプレッドアカウント

ナノスプレッドアカウントでは、スタンダードアカウントとはまた異なるECN方式というものを採用しています。

ECN方式もSTP同様にディーラーを仲介しない点は同じです。

しかしこれら二つの方式の大きな違いは、投資家同士で注文をマッチングさせて取引を進めていく点がSTP方式とは大きな相違点になります。

axiory-ecn

出展:Axiory  STPとECN

スタンダードアカウントもナノスプレッドアカウントも、注文から約定の間にディーラーを挟んでいないため、注文から約定のスピードはOTC方式よりも断然速くなります。

また業者を仲介しないため、業者による不当な価格の操作や介入、呑み行為による約定拒否といった事案が発生せず、自分の思い描いた通りに、注文をすることができるのも特徴の一つです。

仲介による不当な操作を行わない分、AxioryのようなFX業者は企業としての利益を荒稼ぎするようなことはできません。

結果としてそれが、スプレッドの広さに反映していまいますが、NDD方式を採用している業者を使えば、トレーダーはFX市場との勝負を純粋に楽しむことができます。

見せることで信頼を獲得。透明性の高いサービス展開

Axioryが他社と比較されるなかで、大きく異なる特徴として紹介されるのが、このサービスの透明性という点についてです。

例えばAxioryは提携先のLP(リクディティプロバイダー)を全て公開しています。

(参照 : リクディティプロバイダーとは? マネー百貨~金融用語辞典と投資信託情報~

AxioryがLP情報公開には、先に書いた業者側での売買に関する不当な操作をしていないこと、呑み行為による約定拒否などは一切していないことを証明することが目的にあります。

Axiory提携先 Liquidity providers(リクイディティプロバイダー)一覧(一部)

lp

出展 : Axiory 透明性と流動性の確保

またAxioryはLP情報の他にも、約定スピード、約定率、資産の保護方法から信託保全先、NDD保証なども公開し、歴史が浅くとも信頼がある業者であることを、顧客目線で納得してもらうよう努めています。

この努力の甲斐あってか、Axioryには裏表がない業者というイメージが定着し、ユーザーからの信頼を集めているのです。

レバレッジ400倍のゼロカットシステム。追証なしで起死回生も狙える

Axioryはスタンダードアカウントもナノスプレッドアカウントでも、レバレッジを最大400倍に設定しています。業界内で比較すると、レバレッジ400倍は高い水準ではありませんが、ハイレバトレードを狙うには十分な数字です。

またこのパフォーマンスを最大限に活かすべく、追証なしのゼロカットシステムを採用しています。

資金が底をつきそうになっても、実質0になるまで取引が可能。また証拠金維持率も20%と低く設定されているので、余裕をもってポジションを保有することができます。

ナノスプレッドアカウントの手数料は業界内でも低設定

Axioryのナノスプレッドアカウントは、業界内でも低い手数料設定で位置づけています。

次の表をご覧ください。

XM Axiory FXDD
レバレッジ 500倍 400倍 400倍
初回入金額 $200 $200 $250
手数料 $5/1 lot $3/1 lot $2.99/1 lot
口座維持費 なし なし

$15/90 days     (90日間取引が無い場合)

Axiory同様に、プラットフォームにMT4を使い、ECN方式を取引に用いる大手FX業者を比較しました。最も安いのはFXDDですが、初回入金額が$50高く、また90日間の取引がない場合は、口座維持費を支払う必要があります。

取引頻度にもよるのでしょうが、口座利用に費用が安定していると言えるのは、Axioryです。

老舗にはないサービス展開で強みをいかす

以上、Axioryの紹介でした。

Axioryの企業的な特徴として、目立ったデメリットもなく、安定したサービスの提供を心掛けている企業という印象があります。

そこにはやはり、企業理念として高い透明性と顧客の利益の最大化を掲げているだけに、顧客のニーズに答え続けた結果、安定したサービスの提供という結果になったのではないでしょうか?老舗にはない魅力がたくさんあるAxioryでした。

2chで人気の海外FX業者?iFOREXのスペックを語る

画像参照:iFOREX

2chの投資版などで、たまに見かけるiFOREX。

専用のスレッドが立つくらい話題に上るこの業者、一体どうしてここまで注目をされているのでしょうか?その実態にせまってみましょう。

 老舗ブローカーiFOREX。そのメリット・デメリットとは?

opposites-489521_1920

iFOREXと言えば、ギリシャが拠点の老舗海外FX業者。その歴史は1996年から始まり、まだ記憶に新しいギリシャショックでさえ、倒れることなく健全な経営を行ってきた、実力と信頼がある会社です。

iFOREXは早くから日本への進出も果たして来たため、日本人向けのサポート体制もばっちり。困ったことがあれば、チャット・メールなどのツールを用いて日本語でサポートをしてくれます。

このおかげか、初めて海外FX業者を利用する人でも、ハードル低く利用することができるので、根強いファンが絶えません。

しかし、iFOREXの人気は、これだけではないのです。

 これがiFOREXの人気の秘密。iFOREXのメリット4つ

good-1123013_1920

老舗FX業者iFOREX、その人気の秘密は次の4つのメリットに支えられていました。

1.口座開設が早い

iFOREXと言えば、口座開設が早いことでとても有名です。その早さはなんと業界最速。所要時間はなんと2分!本当にあっという間ですね。

iFOREXの口座開設に必要な情報は次の3つのみ。

  • 氏名
  • メールアドレス
  • 電話番号

この3つと、国籍・口座通貨を入力して申し込みボタンを押せば、口座は開設されます。信頼がおける企業に、こんな簡単な手続きで、口座を開設できるのは、ありがたいサービスですね。

2.ボーナス倍率100%!初回入金時にお小遣いがもらえる。

iFOREXの独特のサービスとして、話題に上るのがこのボーナス特典です。iFOREXは、初回の入金時に限り、上限を1000ドルと定め、100%ボーナスを支給してくれます。

具体的に言えば、こんな感じです。

iforex%e5%88%9d%e5%9b%9e%e3%83%9c%e3%83%bc%e3%83%8a%e3%82%b9%e7%89%b9%e5%85%b8%e3%80%80%e4%b8%80%e8%a6%a7

画像参照: iFOREX 100%ボーナスキャンペーン

入金した額の1000ドルまでは、そのまま2倍になります。投資金が少ないユーザーにとっては、とても助かりますね。しかしこのサービス、利用するには次のようなルールが定められているので、注意しましょう。

  • あくまでもトレーディングチケットとして付与される
  • 現金にはできない
  • ボーナスのみでの運用は不可。入金した資金を引き出すことはできない

ルールの内容としては普通のことを定めているので、このルールがあるからと言って、ユーザーが不利になるようなこともありません。とてもユーザー思いのサービスと言えるのではないでしょうか?

3.レバレッジは最大400倍。ただし証拠金が0になるまで取引可能

海外FX業者を利用するメリットはレバレッジが高いことにあります。国内FXのレバレッジは通常25倍。それと比較すれば、iFOREXの400倍という数字は、大変高い数字と言えるでしょう。

しかし、残念なことに海外FXという枠組みでは、400倍程度は普通の範疇。レバレッジを高く設定しているところでは888倍や1000倍などがあげられます。

しかしiFOREXの注目すべき点は、レバレッジが400倍に対し、証拠金(担保)が0になるまで取引を続けることができることです。

例えば他の業者では証拠金が少なくなってしまったがために、取引を中止せざるを得ないところを、iFOREXの場合は最後まで奮闘することができます。故に、瀕死状態のなか一発逆転の起死回生を狙うことさえもできるわけです。

このどこかギャンブル性を含む興奮がクセになった人が、所謂アイフォ戦士となるわけですね。

4.英語が使えなくても大丈夫。日本語サポートはばっちり。

海外FX業者を使うなかで、懸念する事項の一つにサポート体制があると思います。登録をしたは良いが、取引の仕方がわからない。入出金をしているが、繁栄されている様子が伺えない。お金を引き出したいけどどうするの?等々、大なり小なり様々なトラブルに見舞われる可能性があります。

そういった場合に、日本語でサポートが受けられないと、大変不安になってしまうのではないでしょうか?iFOREXは、冒頭でも書いたように、日本人向けのサポート体制もばっちり。電話こそ日本語非対応ですが、チャットやメールというツールは、しっかりと日本語で対応してくれるので、何も心配はいりません。英語が苦手という人でも、バシバシと日本語で質問ができます。

ここまでが、iFOREXのメリットでした。証拠金が0になるまで取引ができるというのは、iFOREXならではのサービスです。初回入金ボーナスも含め、資金が少ないなかFXを始める人にとっては、大変取り組みやすい環境が整っていますね。

スプレッドはやや広め?iFOREXのデメリット3つ。

disapprove-149251_1280

先ほど、メリットを紹介したので、次はデメリットを見てましょう。

1.スプレッドは広め

iFOREXのデメリットとしてよく取り上げられる項目は、スプレッドです。iFOREXのスプレッドは、やや広め。iFOREX同様、スプレッドの広さがデメリットとしてあげられるXMを例に、その広さを比較してみましょう。

iFOREX XM
USD / JPY 1.8 pips 2.0 pips
EUR / JPY 1.8 pips 2.7 pips
GBP / JPY 5.0 pips 4.0 pips
EUD / JPY 1.8 pips 1.8 pips
GBP / JPY 3.0 pips 2.6 pips

iFOREXは原則固定スプレッドなのに対し、XMは変動制なので平均の値を書いています。この表からも分かるように、スプレッド広めのXMと同程度の設定です。あまり狭いとは言えないようですね。

2.約定力は普通

これをデメリットと感じるのは、人それぞれかもしれませんが、約定スピードが勝負のスキャルピング(超短期売買)には不向きなことを考えると、デメリットとしてもあげられます。

またサーバーの強度も普通程度。サーバーダウンの報告も過去にはあるようです。

3.MT4が使えない

こちらも、デメリットとしてあげましたが、人によってはデメリットにはならないかもしれません。

海外FX業者の多くは取引ツールにMT4を採用しています。MT4はロシアのメタクォーツ社が開発したもので、自分の好みにカスタマイズができるその操作性の高さから、非常に人気のあるツールです。

iFOREXは、このMT4を取引ツールとして採用していません。しかし、その代わりに、MT4に代わるツールを取引に採用しています。それはFXNetTrader。こちらのツールは通常のトレードを行うには、十分な機能を備えています。テクニカルチャートの分析や、取引レポートの抽出、ワンクリックのスピード注文など、初心者の方が取引をするには十分です。

FXNetTraderでEA売買などを行う際には、このツールでは不足感があるでしょう。しかし、そもそものiFOREXがEA売買向きにできていません。EA売買までするようになるころには、他社の業者との取引を検討しても良いかもしれませんね。

iFOREXは初心者にとっても親切。

以上、iFOREXのメリット・デメリットでした。

初めてFXをするに人には、非常に取り組みやすい環境が整えられているのが、iFOREXの特徴とも言えますね。

どの業者で始めるか悩んでいる人は、ひとまずiFOREXのサイトを覗いて見ては如何でしょうか?

海外FXの最大手!XMのスプレッド・レバレッジは?

entrepreneur-696972_1920

FXで金融市場が熱くなる中、最近FXトレーダーの間で人気を集めている金融会社があります。それはXEMarkets。

通称XMと呼ばれ、その使い勝手の良さは、高く評価されている模様です。このXMの人気の源、スプレッドとレバレッジについて、詳しく見てみましょう!

スプレッドは?レバレッジは?日本人に人気のFX会社「XM」!その実力は如何に?

FXをする上で、よく聞くことが「スプレッドは狭く」「レバレッジは高く」です。しかしその言葉の意味することは、どういうことなのでしょうか?XMの人気の秘密は一体?

人気FX会社「XM」そのスプレッドの内容は?

dollar-790903_1920

FXにおけるスプレッドは、非常に重要視すべき箇所です。取引する金融会社を決める際には、きちんと確認をしておきましょう。

スプレッドについて、理解がいまいちの方は、こちらのサイトを参照して下さい。

参照: 楽天スーパーポイントギャラリー FXスプレッドとは

このスプレッドの幅は、FX会社によって異なりますが、XMの場合はどのような値なのでしょうか?ちょっとこちらの表をご覧ください。

(pips)

USD / JPY

EUR / JPY GBP / JPY EUR / USD

A社

0.3 0.9 1.1 0.2

F社

0.2 0.9 1.1

0.6

T社 0.3 1.0 1.4

0.3

XM 0.4 1.0 1.2

0.4

各社、スプレッドの平均の値を書いています。XMはゼロスプレッドアカウントに申し込んだ場合の数字です。

スプレッドの低さで言えば、正直なところXMはそれほど低い値をとっているわけではありません。業界内全体で見ても、中くらいの値をとり、場合によっては少し高めの時もあります。

XMのレバレッジは最大で888倍!特典も豊富で魅力が満点

eight-1314300_1920

XMのレバレッジは、非常に高いことで有名です。

レバレッジとは? 参照:楽天FX ビギナーズガイド レバレッジ

国内のFX会社ではレバレッジが25倍に対し、XMのレバレッジは最大で888倍をとることができます。細かい状況を考えず、単純に1ドル=100円の時に資金が100万あると仮定したら、国内の企業では25万通貨のポジションしかとれませんが、XMでは888万通貨のポジションをとることができるのです。

別な言い方をすれば、レバレッジ25倍の時では、1枚購入するのに4万円必要。それに対し888倍の時では、およそ1127円で購入することができるということです。こうして考えると、非常に大きな差を感じますね。

しかしこのハイレバレッジ、ハイリターンではありますが、その分、ハイリスクでもあります。相場が上げ相場の時は、利益が増えてウハウハです。しかし下げ相場になった場合は、それだけ損失も大きくなります。

相場の先行きが見えない時や、自信が無い取引を行う際は、レバレッジは低い方が良いでしょう。特に海外FX初心者は、最初は低いレバレッジで取引を行うことを、お勧めします。

豊富な特典が更なる魅力を引き出す。XMのお楽しみ

XMはハイレバレッジで注目を浴びていますが、人気の核はここではありません。XMの最大級の魅力は、その豊富な特典にあります。XMの特典の例を挙げてみると・・・

  1. 口座開設ボーナス$30
  2. 2段階ボーナスで最大$5000まで入金されるサービス
  3. ロイヤリティプログラムの参加権
  4. 一年を通して追加ボーナス権を獲得可能
  5. 入出金にかかる手数料無料
  6. マイナス残高補償、追証なし
  7. 無料でVPSサービスが利用可能

などです。口座開設をしただけで、$30を貰えるなら、その$30を増やし続けることができれば、実質元手0で利益を得ることができますね。

また、XMは約定力も高く、取引の99%以上が1秒以内に約定しています。日本語サポートも充実しているので、英語が苦手という人でも、きちんとした日本語のサポートを受けることが可能です。

更にXMの細かい魅力を挙げれば、他社が口座への入金を、通常最低でも1万円からしなければいけないのに対し、XMは$5から可能なことや、初心者トレーダー向けの、無料日本語ウェブセミナーを開催するなど、非常に多岐にわたり充実したサービスを提供しています。

スキャルピングよりデイトレード向き。スプレッドが気になるならゼロ口座へ

以上、XMのスプレッド・レバレッジについてのお話しでした。XMはスプレッドは狭くはないので、スキャルピングなどの取引には、非常に不利です。

どうしてもスプレッドを狭く取りたい方は、XMのなかでもゼロ口座に申し込むことをオススメします。